守ることで、
また強くなる!日本通運 警備輸送事業部
スタッフ募集

国内に支店1,000以上、世界45ヵ国にも拠点を展開。世界屈指の物流ネットワークを持つ、総合物流企業、それが日本通運。警備輸送事業部はその日本通運の一部門として、さまざまな貴重品輸送を行う、プロフェッショナル集団です。強い経営基盤と、手厚い福利厚生の環境を用意しています。あなたも日本通運 警備輸送事業部で大きく成長してみませんか?力を貸してください、あなたの力で日本通運はまた強くなります!

求人を探すJob Information

現金輸送・貴重品輸送の
お仕事Work

大切なものを運ぶ…
貴重品輸送のお仕事について。

ヘルメットに防弾ベスト姿の警備員が運転をする自動車を街で見かけることがあります。一般的に現金輸送車と呼ばれているこの車。実は運んでいるのはお金だけとは限らないことをご存知でしたか?警備会社では有価証券、貴金属、美術品、骨董品、古書など、さまざまな貴重品の輸送を行っており、その警備輸送業務の一部が現金輸送です。正式には貴重品警備輸送業務と呼ばれています。つまり、車の中には書類だけでまったく現金が入っていない場合もあるというわけです。貴重品の取り扱いには専門的な知識も必要となります。特に美術品の取り扱いには選任のスタッフが当たっています。
もちろん一番多いお仕事はやはりお金を運ぶ現金輸送業務です。時には億の単位のお金を運ぶことも少なくはありません。現金輸送では通常、訓練研修を受けた2名以上のスタッフで警備が行われています。銀行から銀行への銀行間の輸送を始め、店舗からの売上金回収、コンビニなどのATMに入金するなど、さまざまな形で毎日たくさんの貴重品警備輸送業務がおこなわれているのです。

1つ1億円のザブトン?!を運びます。1つ1億円のザブトン?!を運びます。

中はどうなっている?
現金輸送車の秘密あれこれ。

現金輸送には現金輸送車と呼ばれる特別な車両を使用します。警備会社によって多少の装備が異なりますが、ドライバーを守る防弾ガラス、車の位置を確認できるGPS、さらには防犯カメラや通信機器など、多くの防犯機器が装備されています。また荷台自体が独立した金庫になっているのも大きな特徴。窓もなく二重の施錠システムが基本となります。まさに「動く金庫」といえる車です。
現金輸送車にはさまざまな大きさの車両がありますが、一般的には1t~1.5tまでの車が多く使われており、これらは普通免許で運転も可能です。ATMの入金業務など何ヵ所も現金の入金をおこないますので、一日の走行距離が100Kmを超えることもあります。そのため安全運転も現金輸送においては大切な要素。もちろん安全運転の訓練、研修もあるので未経験の方も大丈夫ですが、ドライバーなど運転業務経験者などは、力を発揮できるお仕事といえます。実際、現金・貴重品輸送で活躍する警備員には元トラックドライバーやタクシードライバーの方が多数いらっしゃいます。

皆さんに助けられて、ここまでやれたと思っています。皆さんに助けられて、ここまでやれたと思っています。

FAQFrequently Asked Questions

全くの未経験からスタートされた先輩も多数活躍中です、経験のない方もご安心ください。体力面では硬貨など重い物を運ぶ必要もあります。警棒を使用した訓練・研修もありますが、運動経験がなくても大丈夫です。体を動かすのが好きな方なら問題なく活躍できます。
無線、GPS、車両など、さまざまな装備の進化により、近年、貴重品輸送において大きな事件は起きていません。さらに日本通運ではスタッフを守る為、研修やシステムでバックアップを行っています。しかしながら私たちは、このお仕事が全く問題の起こらないお仕事とは、ご紹介していません。「何か起きるかもしれない」その心構えがとても大切だからです。そのことをご理解の上ぜひご応募ください。
日本通運で正社員雇用を希望される方は、まず期間社員にご応募ください。3年間の有期雇用となりますが、期間中、業務の習得、勤務態度等をクリアすれば、エリア社員(正社員)へ区分変更となります。また、限定職社員の雇用契約期間は基本3年となります。